歴5年戦士「蛍」のアダルトゲーム遍歴プロフィール

エロゲ雑談

この記事では、様々な恋愛ゲームの紹介をさせて頂いている私、蛍の自己紹介やアダルトゲーム遍歴などを紹介していきたいと思います。

自分の事を書きまとめるのはどうも恥ずかしいですが…
この記事を読んで少しでも私を身近に感じていただければ、ゲーム紹介なども読みやすいかと(希望的観測として)思っていますので、よかったら読んで頂ければと思います。

紹介記事では「しっかり紹介せねば…」と思っているので、自分の事を語るときくらいフランクにいこうと思います。
なので、恥ずかしい一面を見せるかもしれませんが、生暖かく見守っていただけると嬉しいです…!

まぁ、恥ずかしいですけどね…!(大事な事なので何度でも言う)

蛍の自己紹介

普段は1児の母の会社員!旦那とも仲良し。

まず、ここまでエロゲーを含めた恋愛ゲームの紹介記事を書かせていただいている筆者ですが…
一児の母です。そうです。人妻で、母親属性も持っています。
(すぐ俗物に持っていく私の悪い癖)

子どもはまだ1歳にもなっていない赤ちゃんです。(可愛いです)
出産前はインフラ系の会社員をしていて、事務職や営業職に携わっていました。

旦那もしっかり現実にいて、結構仲がいいと個人的には思っています。

小さい時から性への好奇心は旺盛…!

エロゲって、プレイしてる人はわかると思うんですけど…手を出すまでに結構勇気がいりますよね?
男性の方でも初めは結構戸惑うものだと思うのですが、女性の場合はそのハードルがちょっと高い気がします。

18禁コーナーの、のれんを初めて女一人でくぐった時は心臓がバクバクして手足が震えた記憶があります。

とは言え、エロゲを趣味にできているのは、元々私が性に対する好奇心が旺盛だったことも大きいとは思います。

幼少期から今に至るまでのアダルト遍歴をざっくり説明していきますね。

時代劇に興奮していた幼少期

自分が初めて興奮を覚えたのが何かを思い返してみると、それは恐らく祖父母と見ていた夕方の時代劇だと思います。

時代劇の中でも、失敗した「くノ一」や偉い役人に歯向かった町娘などが暗い屋内で「折檻」されるシーンに、激しく興奮したのを今でも鮮明に覚えています。

 

夏休みの夕方に地上波で流れる時代劇を、祖父母と見ながら(こんな凄いのを大人と見てていいんだろうか…)と思っていた幼少期でした。

小学生の時に商業BL小説と出会う

そして次に印象的なのは小学校中学年の時に古本屋で読んだ、商業BL小説ですね。

父親に連れられて行った古本屋で、当時読んでいた少女向けライトノベルのレーベルを探している時に。
同じ並びにたまたまあったBL小説を手に取ってしまったのが運の尽きでした。

そこから私の腐女子としての歴史も始まりました。
突き落とされたわけですね。腐れ沼に。

なんで古い少女向けライトノベルって、同じレーベルにBL小説が混ざっているんですかね…?完全に罠ですよね?

版権BLなどより先に商業で沼に落ちたのは、ある意味本質的にBLに触れ合えた(と私は思っている)感じなので、まぁ良かったなと思っています。

小学校時代は、いろんな人が経験しているであろう「帰り道にエロ本」とか「父親の隠しエロ本」とか、そういうエピソードももちろんありましたが、BL小説は衝撃的だったので、私の歴史には欠かせない出来事ですね。

家にあった官能小説で新境地に達する

続いて、中学生時代ですが祖父の家に遊びに行った際、そこで見つけた官能小説が、また私の新たな扉をこじ開けます。

時代小説の裏に2重式で隠されていた官能小説を、うっかり見つけてしまった当時の私
艶めかしい表紙にドキドキしながら、その冒頭を読んだ瞬間一気に世界に引き込まれてしまいました。

確か内容は、団地妻寝取りアナル調教モノだったと思います。
(おかげでがっつり性癖捻じ曲げられました。)

結局、祖父がいない時間を見計らって小説をこっそり読むために、遊びに行っている間中その部屋に通い詰めました。

祖父の布団に隠れながら悶々と官能小説を読んでいる、中学生の私はなんだか初々しいですね(?)

美少女アニメには高校生からと若干遅咲き

本題のエロゲなど二次元の美少女に興味を持ちだしたのはいつからかというと、高校生からと若干遅咲きなんですよね、私。

当時、つるんでた友人が幸運なことにアニメ好きな子が多く、付き合った彼も色々なアニメが好きだったので、美少女の出てくるアニメを一緒に見たりしました。

そこから一気に二次元にはハマって言った感じですね。

アダルトゲームと蛍

高校生の時にギャルゲーと出会う

アダルトゲームに手を出す前に、みんなが必ず通る(と思われる)道はギャルゲー、ですよね。

美少女アニメで二次元に興味を持った私は、先ほども話に登場した高校生時代の彼に借りてギャルゲーをプレイしました。

それが『CLANNAD』です。

『CLANNAD』はアニメをまず見せてもらったのですが、当時から既に「泣ける」作品として名を轟かせていたその作品を観て、ボロボロに泣きながらアフターストーリーまで1週間くらいで一気に見ました

そのままPSPの『CLANNAD』を借りてプレイしました。
それが私の初ギャルゲーですね。

アダルトゲームに興味を持ったきっかけも当時の彼氏

ちなみに、アダルトゲームを私が初めてプレイしたのは高校卒業してすぐでした。

けれど、その前にアダルトゲームの存在は知っていました。
何故かというと例の高校時代の彼の部屋にエロゲのパッケージがあったからです。

確か『夜明け前より瑠璃色な』とか『FORTUNE ARTERIAL』とか、オーガスト作品が多かったような気がします。

あと、『CLANNAD』の後に借りたPSP版の『智代アフター』をプレイしてるときに…

「えっ、これ絶対エッチな奴じゃん!」
「エロゲーってやつだ!」

と騒ぎ立てたところ、

「家庭用でエロゲーは無いから!」

と、言われたのは今ではいい思い出です。

そうよ、家庭用でエロゲ―はないのよ、17歳の私…。

その頃に『智代アフター』も元はPCでエロゲーであることも、ちゃんと教えてもらいました。こうした経緯もあって、ギャルゲーとは別にエロゲーがあるという知識が私の中にできたわけですね。

ギャルゲーに出てくる可愛い女の子みたいになりたい!

エロゲー・ギャルゲーにどんどんハマっていった私を当時一番引き込んだのは、やはり可愛いヒロイン達でした。

当時、私は内向的で自分に自信がなく、当時の彼に自分を好きになってもらえていることすら信じられないくらいでした。

そんな私にとってギャルゲーのヒロイン達は、愛らしい容姿はもちろんなのですが、仕草やセリフ、主人公への猛烈なアタックの様子などがとっても可愛らしく見えたのでした。

そして私も、そんなヒロイン達のように素直で可愛い女の子になりたいと思いどんどん引き込まれていきました。

蛍の恋愛体験

ギャルゲーの存在を教えてもらった高校生の時の彼

私の恋愛体験を…と思いましたが、そんなに人に堂々と話せるような恋愛体験はそんなにありません…。

ちゃんと付き合った、と思えた初めての彼氏は何度も話に登場している高校時代の彼ですね。

高校生の時から5年ほど付き合っていて大好きでしたが、大学生活も卒業に向かおうとした頃合いで別れました。そんなに長い間一人の人を好きで付き合っていたのは初めてだったので、私にとって忘れられない相手ですね。

エロゲやギャルゲ・アニメ・ゲームなど今の私が好きなものは大体当時の彼の影響が大きいものばかりなので、それらを教えてくれてとても感謝しています。

結婚した相手もエロゲ好き(だった人)

次にあげるのはいきなり、結婚した旦那です。
なぜ他の人を上げないかというと、付き合った期間が短かったり、そもそも付き合っていなかったりする人ばかりなので省略です。

旦那とは社会人になってから出会って、最初は他の趣味をきっかけに仲良くなったのですが、うっかり教えてしまったTwitterのアカウントの紹介文でエロゲ好きであることがバレてしまいました。(墓穴)

しかし、彼も実はエロゲが好きだという奇跡が起き、無事引かれずに済みました。(むしろ仲が縮まりました…!)

旦那は1990年代~2008年くらいまでのエロゲをプレイしていた人なので、微妙に話が合わなかったりしますが…それでも共通の趣味があったり、相手の好きなことを自分も楽しんで知れるのはとてもありがたいことだなぁと思っています。

娘を授かり名前を考える時に挙げた名前がほとんどエロゲのヒロインで使われてて困った事が、個人的に思い出すたびに笑ってしまいます。

アダルトゲームが与えた恋愛への影響

アダルトゲームと現実の恋愛って実際何か関係ある事ある??
って思われるかもしれませんが、これがあります。

良い事だけでなく悪い事も同じくらいあります…(笑)
私の実体験と失敗談を折り曲げながらその話もしていきますね…。

誘い方とか煽り方が上手いといわれる

これは割といい事ですが、恋愛の特に夜のシチュエーションの時の、誘い方が上手いね。とは言われます。

エロゲ好きなことを知っている相手とかだと「さすがエロゲ―マー(笑)」と半分笑われながら言われていました。(半笑いは許さん)

私が元々美少女ゲームにハマったきっかけでもあるので、ヒロイン達のように可愛らしい自分でいられているなら嬉しいなと思っています。女の子は可愛くなくっちゃ、ですよね!

普通は言わないエッチな言葉をつい言ってしまう

これは悪い点かもしれません…。

エッチな場面での煽り方が上手い、程度ならいいんですが、そのいいバランスが分からないと、抜きゲーとかで耳にしたワードをそのまま口に出してしまったりして、情事の最中に引かれたことがあります…

そのワードが気になりますよね…。

これはかなり恥ずかしいんですが…男性の精子の事を「おちんぽみるく」とか「孕み種」とか言ってしまったのは…苦い思い出、です…。あぁ、思い出すだけでSAN値が削れそう…。

シチュエーションやコスチュームにこだわってしまう

これはいい点と悪い点半々かもしれませんが、シチュエーションやコスチュームにこだわってしまいます

エロゲ―マー的には制服に激弱なんですよね…。
隙あらば(エッチな場面で)コスプレしたがるので、人によっては引かれるだろうなと思っています…。

今興味があるのは、モチーフやテーマが派手なラブホです。
教室とか、電車内とか、病院とか、牢獄とか…(どんどん性癖に寄っていく)
いいですよね…。

旦那と共通の趣味が持てた

これは個人的にはいい点ですが、旦那と共通の趣味になった事ですね。

恋人や夫婦間だと共通の趣味ってかなり大事なんですよね…。
一緒に楽しめるものがあるってだけで、一緒の時間がかなり充実する気がします。

最近はテレビ代わりに旦那とエロゲを一緒に見ながら、過ごす夜の時間が私の癒しだったりします。

アダルトゲームのプレイ遍歴

CLANNAD

【概要】
ブランド:Key
価格:¥8,980
ジャンル:【シナリオゲー】
【作品あらすじ】
地方にある都市の丘の上に立つ学校。その校門へ続く長い長い坂道の入り口で主人公・岡崎朋也が溜息を吐いた。「「はぁ」」彼の溜息に重なった声の主は同じく三年生の見慣れない美少女・古河渚だった。一人では登る事の出来なかったその坂道を、二人は一緒に上り始めた。

校門に続く長い坂道と、彼ら彼女らの人生が重なるのが本当に素晴らしいんですよ…。「クラナドは人生」という言葉はアニメもギャルゲーもPCゲーもプレイした私の脳にシワのように刻まれています。エロゲ(18禁ゲーム)ではないのですが、私の遍歴を語る上で外せない作品でしたので紹介させていただきました。

【私の独自ランキング】
シナリオ:★★★★★
キャラクター:★★★★★
満足度:★★★★★

智代アフター

作品ページはこちら

【概要】
ブランド:Key
価格:¥6,500
ジャンル:【シナリオゲー】
【作品あらすじ】
雪が降り積もる冬の日に想いを伝えあい恋人同士になった智代と朋也。朋也は就職して一人暮らしを始めた。そしてそこに智代も通い二人は蜜月の日々を送る…が、それを妨害する智代の弟・鷹文やその元カノ・河南子。そして複雑な家庭環境で育つ・ともを朋也の家で面倒見ることになってしまった――。

『CLANNAD』で特に人気だったヒロイン・智代のアフターストーリーです。渚ではなく、智代と一緒になった朋也の人生が、切なくて温かくて…やっぱりすごく好きです。賛否両論ある作品のようですが、私は大好きです。

【私の独自ランキング】
シナリオ:★★★★★
キャラクター:★★★☆☆
満足度:★★★★★

D.C.II P.C. ~ダ・カーポII~プラスコミュニケーション~

作品ページはこちら

【概要】
ブランド:CIRCUS
価格:4,950円
ジャンル:【キャラゲー】
【作品あらすじ】
これは、1年中桜が散らない島・初音島。そこで主人公・桜内義之は学園長である芳野さくらの家に住み、隣の家に住む朝倉音姫・由夢と兄妹のように育ち、島に建つ「風見学園付属」に通っていた。時期はクリスマス。付属最後のクリパ(クリスマスパーティー)での出し物を出すことになった義之の年末年始から春に向けての恋物語である――。

ダ・カーポ作品の2作目。P.Cとついているのは、無印版のD.C.IIでは攻略できなかったサブキャラクターが攻略できるようになった作品を意味します。大学生時代に購入していたものを、俺は小恋が好きだぞ。と旦那に勧められて始めましたが小恋ルートは彼女が可愛くて好きだからこそ辛かったです。夫婦そろっての感想です。小恋は可愛いぞ。委員長も好きだぞ。ルートは杏ルートが個人的に好きでした。

【私の独自ランキング】
シナリオ:★★★☆☆
キャラクター:★★★★★
満足度:★★★★☆

愛しい対象の護り方

作品ページはこちら

【概要】
ブランド:AXL
価格:¥4,680
ジャンル:【キャラゲー】
【作品あらすじ】
幼い頃、とある少女と再会の誓いを立てた主人公・松井悠人は、約束を果たすために沢山勉強を重ね遂にPMSCs(民間軍事会社)『ブレイズ』が経営する軍事学園へ入学する。そこで約束を交わした少女・天城結衣と再会を果たすが、彼女は入学してきた悠人へ「なんでこんなとこ来んのよ!」と声を上げた――。

キャラゲーですが、主人公が中々かっこよくて惚れてしまいそうなほどです。確か私が人生で初めて買ったエロゲだったはず…?評判など全く下調べせずに初めてくぐった18禁の、のれんに緊張して絵の好みで買った作品でしたがこれをきっかけに『AXL』の作品を追いかけるようになりました。大天使・成美ちゃんが好きです。あ、でもロッテも好きです。

【私の独自ランキング】
シナリオ:★★★★☆
キャラクター:★★★★★
満足度:★★★★☆

辻堂さんの純愛ロード

作品ページはこちら

【概要】
ブランド:みなとカーニバル
価格:6,930円
ジャンル:【燃えゲー】
【作品あらすじ】
2012年。神奈川県の湘南に住んでいる主人公・長谷大の通う高校には有名な不良少女がいた。ある雨の日、大は彼女が雨にぬれている子猫を助ける場面を目撃し、普段は見せないような優しい微笑みを浮かべて子猫を抱く彼女の事を意識してしまう――。

燃えゲーと表記しましたが、燃えであり萌えでもあります。ヒロインキャラがみんな、かっこよくてそして可愛い!いい意味でせこい!そんな作品です。こちらは大学生時代にエロゲ好きな先輩にオススメされてプレイした作品で、おすすめされてから二年越しとかで購入した気がします。最高に面白い作品です!

【私の独自ランキング】
シナリオ:★★★★☆
キャラクター:★★★★★
満足度:★★★★★

アダルトゲーム以外の活動

趣味は小説を書く事!エッチなのも書いてます

私がエロゲ以外にハマっていることは、エロゲよりも長い趣味になりますが小説を書く事ですね。

10年くらい健全ピュアピュアな恋愛モノを書いていたのですが、最近は一皮剥けてしまって、自分の性癖を100%詰め込んだ18禁のえちえち小説を書いたりもしています。

エロゲを選ぶ際に、女の子が可愛い事と同じくらい、シナリオを重視しているので自分も負けないような、人の心を揺さぶる小説が書けたら…と思いながら書いています。

18禁小説は同じ性癖の方にド刺さりするように全力で書いてます(笑)

Switchゲームにハマってます

今までゲームは恋愛系のシナリオゲームしかしてこなかった私なんですけれど、最近友人たちとゲームする機会が増えて、Switchゲームにどハマりしています。

具体的なゲーム名を言ってしまうと、大乱闘スマッシュブラザーズやスプラトゥーン2などです。

人と争うゲームは苦手だったのはずなのに、遅れてやってきたゲーム熱でした(笑)

今ハマっている事はASMR!原稿書いたりも

最近眠れない時に、耳かき音・囁き声などのASMRを聴いたりして寝ています。
エッチじゃないやつメインだよ!!(大声)

これがまた、すごい眠れるんですよ…。
女の子の可愛い声で囁かれるとか最高ですし…安眠過ぎる。

そして、18禁小説を書いていた延長で知り合いからASMR作品の原稿を依頼して頂けたので、原稿担当をさせて頂いたりもしました。

それはエッチなやつですよ…(小声)

まとめ

以上、かなり真面目に赤裸々に自己紹介などしていきました。
いかがでしたでしょうか?

少しは身近に感じられそうですか?

私は恥ずかしさで死にそうです…(笑)

筆者・蛍がこういう人間だと分かっていただけたら、おすすめする作品の中身もなんとなくわかってもらえると思います。

もし、この自己紹介や遍歴を最後まで読んで頂いて、共感頂いたらお友達になりたいレベルで色々書いてしまいました…。楽しかったです!

では、最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました